サイトメニュー

症状を把握しよう

悩む男性 うつ病には様々な症状があらわれるため、いくつか把握しておくといいかもしれません。例えば、自虐的になることもあります。基礎知識として覚えておきましょう。いろいろな症状があらわれたら適切な科を受診することが大事です。

詳しく見る

思考のコントロールを図る

女性 自虐的思考は、うつ状態では少なくない症状の一つです。もちろん、気持ちをリセットさせるための治療薬を使うことが手っ取り早いのですが、副作用のリスクも考慮し、軽症のうちは支持的カウンセリングが効果を発揮しています。

詳しく見る

中年男性に多い精神疾患

ハート 自虐うつは、あえて自分を追い込み不健康な暮らしを繰り返してしまううつ病の一種です。真面目、プライドが高い、失敗を極度に恐れる人などがなってしまいやすいため、該当する人が注意が必要です。弱みを見せられる人や場所を作っておくことが大切です。

詳しく見る

精神的病気の特徴と対応

カウンセリング 身近な人がうつ病になってしまったときは、無理に励ましたりせず、共感し見守ってあげることが大切です。また早期治療と完治のためにも、自虐的な言動、行動が増えてきたと感じたら、専門の病院を受診することをすすめてみましょう。

詳しく見る

成人的に安定したい

女性

特徴と問題の解決方法を理解する

近年は、昔ではあまり考えられない病気が流行しています。特に平成になってから増えた病気の一つがうつ病になります。もちろん昭和の時代からうつ病の人はいましたが、平成になってから急激に増え続けた病気の一つと言っても過言ではないでしょう。この病気になってしまうと、様々な問題が発生します。例えば、自分はもう生きている価値がないと感じて自虐行為をしてしまうことが考えられます。よく、手首などにためらい傷がある人も少なくありませんが、これはうつ病などの症状によって行われたものと推定してもよいでしょう。このように、自虐をすることにより少しでも自分を慰めようとするわけです。自分を傷つけることは正しいことだと考え、実行します。ですが、病気から解放されたとき「なぜ自分はこのようなことをしたのか」と後悔しかねません。そこで、まだ自虐行為があまりおこなわれていない段階で心療内科や精神科に通うことが必要になるでしょう。基本的に精神的な病気になってしまうと、なかなか自分の気持ちを自分でコントロールすることができませんので、いつまでたってもその病気がつきまとうことになってしまいます。それよりも、病院に行ってプロの視点から病気を見てもらった方が何倍もよいといえます。

うつ病により自虐行為をしてしまった場合には、自虐行為がひどくなる前に精神科や心療内科に行く必要があります。本人自身がなかなか行動できない場合には、周りの家族などが精神科や心療内科に行くことを進めるべきです。うつ病の患者に対してどのような治療するかといえば、一つは投薬治療と呼ばれるものです。これは、薬を飲むことにより精神的な安定を期待することにあります。ただ、即効性はあるものの薬をやめてしまうと又元の状態に戻ってしまいます。そうだとすれば、いつまでも薬に頼るのではなくより良い方法で解決していくことが重要になります。この時重要になってくるのが、精神療法と呼ばれるものです。精神療法とは、医師やカウンセラーと話しをすることにより精神面で安定を図ることになります。人と話すことができないことで、うつ病になってしまった人もいますが、逆に人と話をすることにより自分の頭の中の考え方が整理されうつ病から脱する例も少なくありません。このように、患者が一方的に医者やカウンセラーに話しをすることで少しずつ問題を解決していく可能性は高まります。それ以外では、生活改善などを流すこともあり得ます。よくある例としては、深夜の時間帯に起きていて朝方まで眠れないパターンです。この生活パターンを変えることで、病気が快方に向かうことも少なくありません。